犬の総合栄養食とは?ペットの健康と安全を考えた食事の与え方

公開日:2022/12/15

犬の総合栄養食とは?
総合栄養食は、栄養素的にバランスがとれた製品を指します。総合栄養食と水だけで犬の健康を維持する効果があります。飼い主は、総合栄養食を主食として、ペットの健康と安全を考慮した食事を与えなくてはいけません。その具体的な方法を紹介するので見ていきましょう。これから犬を飼う人も参考にしてください。

そもそも総合栄養食とは

栄養素的にバランスがとれた製品なので、しっかり食べさせるようにしましょう。

栄養素的にバランスのとれた製品のこと

総合栄養食と水だけで健康を維持できるような、栄養素的にバランスのとれた製品のことです。ドッグフードにもキャットフードにも総合栄養食はあります。

総合栄養食の基準をクリアする必要がある

どのようなドッグフードもキャットフードも総合栄養食になるわけではありません。総合栄養食の基準をクリアする必要があります。

それぞれの栄養素の下限要求量だけではなく上限要求量も示されているのが特徴です。

総合栄養食以外に分類されるもの

間食と認識していたものが総合栄養食である場合があります。また、その逆の場合もあります。見た目では分かりにくいので、必ず商品のパッケージを確認しましょう。

間食

おやつ、スナック、トリーツなどを指します。間食は、ご褒美で与えることが多いので、そのたびにご褒美を与えすぎないようにしましょう。

商品のパッケージには、1日に与える量や回数などが記載されています。必ずそれを守りましょう。犬は人間と違い、自分で食事量や食べるものをコントロールできません。

飼い主の感情が先行しておやつを与えすぎると、健康状態が悪化する可能性があります。犬は人間のように不調を訴えられないので、飼い主が責任を持って犬の健康を守ってください。

特別療法食

アレルギーやがんなどで苦しむペットに対して与えられる食事です。獣医などが処方するフードです。人間に例えると入院中の病院食です。

特別療法食は食事療法が目的です。食事によって体調を整えるとともに、アレルギーや病気などを治療します。栄養成分の比率や食事量には規定が設けられているので、きちんと特別療法食を与えなくてはいけません。

また、獣医などの許可を受けずに、勝手にそのほかの食事を与えてはいけません。必ず確認しましょう。

そのほかの目的食

一般食と栄養補助食に分けられます。一般食はペットフード、おかずタイプの一般食、副食などがあります。これらは主に嗜好性を増進させます。

栄養補助食は動物用のサプリメントなどが該当します。食事だけでは補うのが難しい栄養素を摂取します。

動物用のサプリメントはカロリーオーバーになることなく、必要な栄養素のみ摂取できるメリットがあります。肥満気味であれば、動物用のサプリメントを有効に活用しましょう。

ペットへの正しい食事の与え方

犬は自分で食べるものや食べる量を調整できません。飼い主が責任を持って世話しましょう。

そのためにも、正しい食事の与え方を知っておく必要があります。

総合栄養食を主食とする

総合栄養食と水のみで健康を維持できます。そのため、ペットに食事を与えるときは総合栄養食を主食にしましょう。人間に例えると、朝食、昼食、夕食です。

目安は、1日の摂取カロリーのなかで80%以上を総合栄養食にすることです。ご褒美目的でおやつを与えてしまう機会が多くなりますが、おやつはあくまでおやつです。

きちんと犬の成長に必要な栄養素が含まれている総合栄養食を主食にしましょう。また、飼い主がやりがちなミスとして、主食だと思い込んで犬に食事を与えていることがよくあります。

たとえば、総合栄養食ではない缶詰やパウチなどです。これらは、そのほかの目的食に分類されることがあるので、商品のパッケージを確認しましょう。

そして、総合栄養食に分類されるのに、おやつとして犬に食事を与えていることもあります。たとえば、ジャーキーやビスケットです。これらの食材のパッケージも確認しましょう。外見で分かりにくくなっているので、自己判断は避けましょう。

おやつの与え方も気を付ける

おやつは1日の摂取カロリーのなかで20%以内に抑えましょう。理想は10%以内に抑えることです。おやつは人間が食べる食材も指します。

おやつを多く与えすぎると、塩分過多になり体調を崩してしまいやすくなります。また、主食とのバランスが崩れるので、肥満や病気などにつながってしまう可能性があります。

あまり与えすぎないようにしましょう。また、一度でも大量におやつを与えると犬は学習して記憶します。間違えた食習慣を身に付けさせないようにしましょう。犬のしつけにも悪い影響を及ぼす恐れがあります。

まとめ

犬は大きさや年齢によって必要な栄養素や栄養要求量が異なります。分からない人や不安な人は獣医などの専門家の指導を受けてください。

また、犬に食事を与えるときは商品のパッケージを確認する習慣を身に付けましょう。総合栄養食と思っていた食事が完食やそのほかの目的食である場合がよくあります。

犬の寿命を伸ばすのも病気を予防するのも、飼い主の責任によるところが大きいです。いつまでも健康で元気に過ごせるように、しっかり食事について学んでいきましょう。

おすすめの手作りドッグフードランキング

 
イメージ1
2
3
4
5
会社名ココグルメワンデリトウキョウペトコトフーズバディフードヒトワン
特徴愛犬の健康を考えて作られたドッグフード。新鮮食材で食いつき抜群!愛犬が喜んで食べる自然と健康を詰め込んだ、手作りフードを提供する会社安全性や栄養価が高い、家族品質の手作りドッグフード本当に安心できるごはんを。新鮮なまま自宅に届くドッグフードを提供レンジで温める手作りごはん。素材にこだわったキューブ型の新フード
衛生管理食品と同等の基準で管理第三者機関による細菌検査の実施人の食品と同じ基準のキッチンで製造管理人の食品と同じ安全・衛生基準で調理記載なし
安全性国産・国内製造原料のみ使用
無添加
100%人用の食材無添加原材料がすべて九州を中心とした国産食べやすいように全ての食材を3~5mm前後にカット
栄養栄養学専門の獣医師慣習獣医師チーム監修のもと消化性や吸収方法を考えつくした食事を開発AAFCOの栄養基準を満たした総合栄養食栄養学が専門の獣医師監修のもとレシピを設計獣医師・ペット栄養管理士と栄養価を設計
メニュー・チキン&ベジタブル
・ポーク&ブロッコリー
・フィッシュ&パンプキン
・鶏むね肉とサツマイモのやさしいごはん
・鶏手羽元とブロッコリーのツヤツヤごはん
・鶏頭ミンチと長芋の元気ごはん
・ささみと鮭のイキイキごはん
・豚と鹿のムキムキごはん
・砂肝とブルーベリーのぱっちりごはん
・牛すじ肉とミンチのパワーごはん
・豚モツとズッキーニのすっきりごはん
・鹿肉とカツオのしっかりごはん
・ビーフ
・チキン
・ポーク
・フィッシュ
・黒毛和牛
・鶏ささみ
・豚もも
・サバ
・低脂質Chicken.care(チキン・ケア)
・早期腎臓サポートSaba.care(サバ・ケア)
・低脂質 | 鹿肉と紫芋のごはん
・鹿肉と薩摩芋のごはん
・鯖と南瓜のごはん
・鶏肉と水菜のごはん
など
価格※特設ページから購入の場合、980円(税込)
→送料込み、全額返金保証付
・お試しBOX(0.3kg):1,848円/箱(税込)+送料880円
・8袋セット(0.8kg):3,498円/箱(税込)+送料880円
・16袋セット(1.6kg):6,402円/箱(税込)+送料880円
・定期コース(1.6kg):5,115円/箱(税込)+送料880円
・【初回限定】MY-DOG DELI全部お試しセット:3,980円(税込)
・おなか・こころ いたわりセット:6,720円(税込)
・すべすべお肌とつやつや毛並みセット:6,420円(税込)
・丈夫なカラダセット:6,720円(税込)など

【送料】
・箱サイズ60の場合:本州・四国一律 1,100円 / 北海道・九州・沖縄 1,500円
・箱サイズ80の場合:本州・四国一律 1,300円 / 北海道・九州・沖縄 1,800円
※ 初回限定セットのみ送料無料
・ビーフ:6,900円(税込)/12パック~ +送料880円
・チキン:6,900円(税込)/12パック~ +送料880円
・ポーク:6,900円(税込)/12パック~ +送料880円
・フィッシュ:6,900円(税込)/12パック~ +送料880円
・4種MIX:6,900円(税込)/12パック~ +送料880円
・定期購入:6,210円(税込) +送料880円
定期購入前のお試し
6パック:3,980円
12パック:6,864円
18パック:9,108円
24パック:10,560円
※価格はすべて税込み

【送料】
880円(税込)
・5種類ミックス(30キューブ):2,890円(税込)
・5種類のトレーセット(75キューブ):7,227円(税込)
・初回限定 | ドライフードお試しパック:979円(税込)
・ドライフード 1.5kg パック:4,950円(税込)など
・定期便 ドライフードフード(1.5kg):4,455円(税込)

【送料】
・クール便:880円(税込)
・ポスト便:390円(税込)
※総額10,000円以上で送料無料
詳細リンク
公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索